古川企画 Me

地域ICOシステム

現在、検討中の新しい暗号通貨システムについて説明します。

地域のスモールビジネスなどで新しく事業を始めたい、又は事業拡張を行いたい場合の資金調達を可能にします。地域での小さなビジネスであっても利益が出ていれば、十分投資対象になりえるはずです。問題は株式公開がとんでもなく大変なことです。この地域ICOシステムでは地域の小さな事業体の決算と利益分配を結びつける株券の役割を行います。古川企画であらかじめ事業について上場審査のようなものを実施し、株券の代わりにトークンを発行します。原則としてトークンは利益分配権であり、議決権や資産分配権はありません。

Steak

年末の決算を経て、プロジェクト主は決算書を公開し、配当を決定します。当然無配のこともあるでしょう。それをビットコインの形でトークン主に配分します。 Steak

現在、法律の部分の詰めを行っているところです。基本的には日本円をビットコインに変換する業務を行わなければ登録等も必要ないので、法律的には問題ないだろうと考えています。一方、この件はスモールビジネスを扱うため、投資家の保護をどう行っていくかが重要になってくると思われます。ハイリスク・ハイリターン商品ではありますが、世界各地のビジネス活性化に大いに役に立つのではないでしょうか。難点はまだトークンマーケットがかなり小さいことです。その点、このシステムは大きくなるのにまだ時間がかかると思われます。